戸島健の経歴について

2004年

三重県立松阪商業高等学校 卒業

コンピュータ総合学園HAL入学 マルチメディア学科 入学。

初めて名古屋のような都会で専門的な勉強をすることとなり、不安や期待やらで5月頃まで調子になれず、気分の良くない時があった。

当時コンピュータと名のついていた学校も、様々な授業があり楽しかった。美術的なものを表現する授業もあり、プログラミングする授業もあり、創造性開発もする授業もあり新鮮で、楽しかった。

やはり、高校に続き苦手なのか、C言語を勉強するも夏の評価課題で落ち込む。

ゲーム学科に進むつもりで来たが、マルチメディア学科に進むことを年が変わるあたりに決意。
この選択は間違いではなかったと思う。

これまで学校でやってきた中でもっともたのしい学生生活の時間だった。

後悔していること

  • もう少し効率的にスケジューリングできればよかった
  • 本を読めばよかった
    • これは学長の言うとおりだが、今もあまり本を読めていない
  • アルバイトをすればよかった
    • 明日やめてもいいくらいの気持ちで、何かすればよかった
  • レンタルサーバーを借りてWebサイトを立ち上げるべきだった
  • 課題は要件定義だけ満たして効率よく制作すべきだった

2005年

PHPに初めて触れる

高校時代に学んだCOBOLや、1年の時に学んだC言語は苦手だったが、サーバーサイド言語は楽しかった。特にPHPは下手な書き方をしても動くのでとっつきやすかった。

2006年

mixiを始めるCSS、HTMLを本格的に勉強する

2007年

コンピュータ総合学園HAL入学 マルチメディア学科 卒業。

色々あったものの、なんとか卒業。
このころ小泉内閣で、景気が良くなりつつあったので、名古屋の制作会社 入社。
程なくして、体調を崩す。7月には名古屋の制作会社 退職。
やる気や情熱は誰よりもあったものの、アルバイト経験がなかったことや、精神的に弱かったことが災いして、リタイア。
様々なことを経験しておくということは後に響いてくるので、子供の頃から青年期まで1歩踏み出して色々身につけておくのが大切だった。これらはその後の人生に影響する。

ニート・療養生活の開始。約1年半ほどつらすぎて、だらだら生活する。
まわりの誰よりも早くFacebookを始める。
もっと顔出したり英語を覚えたりできていたならば何関わっていたのだろうか。

無料ブログサービスをいろいろ試してみてカスタマイズしてみる。
他にもレンタルサーバーを借りてサイトを作ってみたりした。

  • 他の人と比べて現状が駄目すぎて落ち込む
  • 早くどこかで働かないといけないんだと思うものの、プレッシャーが強すぎて復帰できず
  • 電話すらもかける元気がなかったので、どこにも仕事につけず
  • 気分の良い時は夜な夜なコンピュータを使って制作

SNSがブームになる

ソーシャル系のサイトがたくさんリリースされる。
FacebookやTwitterなどが長く続くことになる。

この時の後悔

  • 自分で制作会社を探さずに、インターンシップ制度でお世話になった会社に就職するもありだった小さい会社だったからいろいろできて可能性が広がったかも
  • 思い切って独立してしまえばよかった