戸島健の経歴について

2001年

三重県立松阪商業高等学校 入学。情報系の学科だったので、コンピュータの本格的なプログラミングを学ぶことに。言語はCOBOL。

最初の座学はつまらなくて、プログラミングの授業も黒画面に16色のデジタルの命令文が並び、大変苦労した。

ブルーベリー栽培を始める。品種はホームベル。

秋にコンピュータ利用技術検定3級に合格。エクセルの資格。
年に1度しかチャンスがなかったので、2級まではとれたんだろうけれども、挫折して3級止まり。

初めての家のコンピュータが手に入る。この時は商業系の高校に進学して、親の理解があり、良い生活ができるきっかけになったのではないかと思う。
しかし、今となっては有効活用されていなかった。もっとホームページを作ったり、何か創作するためにパソコンが活用されていればよかった。ネットはケーブルテレビ、他の家よりも常時接続で速かったのだろう。

2002年

想像していたよりもコンピュータの勉強が思っていたプログラミングと違っていて、なんともニゴニゴした3年を過ごす。少しはプログラミングの知識に役だっていたのだろうけれども、Webのことをもっと学びたかった。

デキが悪いものの、なんとか全商の情報処理試験の1級には合格している。

2003年

ファイナルファンタジーX-2、Xをする。

この頃には専門学校のHALに進学することを考えていたので、なんとか卒業できた。ネットワークの授業はとても重要な内容だったのだろうけれども、いかんせん具体的に実習したり制作したりしていればもう少し楽しかったのだろうけれども、公立はここまでが限界なのだろう。

2004年

三重県立松阪商業高等学校 卒業。

この冬には同級生と同じように自動車の免許を取得することに。MTなので、楽しいクルマに乗ることができる。これは良い選択だった。

高校生活というのは、おとなしくてガツガツしていなかった3年間。青春とか呼べるような時期は1年の頃の文化祭のぼんぼりづくりだったかな。それ以外はなんとももったいないことをした気がする。

この時の後悔

  • 生徒会長でもやっていればよかった
  • 何事も活用方法を見出していればよかった
  • ギター部が有名だったので、入っていればよかった
  • アルバイトをすればよかった
  • 欲しいものを親を説得して買えばよかった
  • もっと早く携帯電話を手に入れていればよかった