functions.phpに

add_theme_support( 'wp-block-styles' ); 

を追記して上書きする。たったこれだけ。

一からテーマを作る時

一からテーマを作成するときには、

  • style.css
  • index.php
  • screenshot.png,screenshot.jpg

を使う。

これらのファイルを準備したらまずは、WordPressの各ページの見た目を簡単に作成することが可能ではあるが、ver5以降はそうはいかなくなってきた。

ブロックCSS

Gutenbergというエディタが標準搭載されて、様々なレイアウトができるようになったが、それらのレイアウトというのはGutenberg用のCSSが読み込まれていて初めて実現できる。
そのため、この3つのファイルだけだと、ブロックレイアウトに必要なCSSが無いため、縦表示になったり、リストマークが表示されてしまったりする。

一例を挙げるとすれば、ギャラリーという機能。ギャラリーは画像を一覧で並べるためのもので、これを使って、簡単に画像を格子状というか、flex状に並べることが可能になる。