• このエントリーをはてなブックマークに追加

Google マップを利用した事のある人は方はおるんやろか?Youtubeはどうやろ?
聞いたことはあっても利用したことがないって人はまだ多いんちゃうやろかなぁ。たまたまGoogle マップを使って遊んでいたら左に写真や動画が表示されるじゃあ~りませんか。

Google マップの登場

最初のGoogle マップはもともとマウスで地図を滑らすように表示することができた。最初は地図だけだった。それでも画期的。

もともと地図祭というのは、表示した地域をグリッド上に表示させている。つまり、ページが決まっている。位置もここからここまでといったように、本の地図のように、右左上下といったようにボタンが付いていて、北に行くときは上野ボタンをクリックして移動した。読み込みが遅かったが、そんなもんだと思っていたので、気にしていなかった。これが、Google マップが搭乗してからは劇的に地図の見方が変わった。

衛星マップ

衛星マップは、衛星から撮った写真。これは登場時はすごかった。どこにどういった建物があるのかということを、地図と重ねて観ることができた。旅している気分に少しなった。

ストリートビュー

車や人を使って、360度ぐるっと撮影した画像を地図上に並べるようになった。どこにどういった施設があるのかを本物の写真で確認できるようになるので、そこにたどり着くのにはもう迷うことは少なくなった。

年を追うごとに対応する範囲が増えて、二巡目・三巡目と現在に近い路線の状況が把握できるようになっている。反面、プライバシーがどんどん侵されつつあるのは気になるところではある。いくらモザイクが掛かっていても、そこに物があるというぼんやりとしたものが許可を得ずに公開されてしまっているので、それはちょっと。

3Dマップ

最初は都心からだったが、少しずつ範囲を広げながら、3Dのマップが登場することになる。平面と衛星画像のみだったところに3Dが登場することによって、よりその場所を把握しやすくなった。

政治的な問題や経済的な問題、Googleが拠点を築けていないといった様々な問題を加味すると難しいところもあるが、世界的に3Dマップが追加されて、ここにはどういった建物が立っているかということを視覚的に理解することができるようになっている。

余談

例えば、津市栄町と検索すると周辺の地図が表示されるんですが、写真や、人気の検索ワードはたまた場所によっては動画が表示されるようになったようです。周辺の地域がどんな情報か色々なコンテンツで確認できるようになってより想像性を高める機能をつけて面白くなりました。
おかげで、こんな動画もあるんや!という発見も逆にありました。

この動画:Most expensive beef in the world – Made in Japan
松阪牛のドキュメンタリー動画やろか?
海外からも取材にきていたんだなぁと思いつつ、インターネットの進化に驚かされた今日でした。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です