• このエントリーをはてなブックマークに追加
http://www.example.com/

PCも同じように、スマートフォンの転送みたいに、トップページアクセスしてきた時は

http://www.example.com/fs/******/c/

に転送すると、動的ページをトップにできる。コンテンツは、起点ページ(自動生成)の設定を使えばいい。

メイン部分はコメントパターンで作れるはず

  • CSSはoriginal.cssに設置
  • JSはコメントパターンや、共通のJavaScriptに設置する
  • 静的ページ、お問い合わせ等はグループページで作成
    • お問い合わせページ等はフォームメーラーで設置する
  • 画像は管理画面に追加する(SSLにも対応できる)
    • ネックは画像の容量が少ないこと
    • 上書きの確認がうまくできないこと
    • 間違えが増える可能性がある
    • バックアップが取れないので、失敗する可能性

※上記構築方法であれば、FTPは利用しなくて済む

commerce creatorで作成

こちらはFutureShop2に関する内容です。コマースクリエイターでは、フリーページ機能を使ってコンテンツページを作成することが可能。
commerce creatorでは、フリーページという機能が搭載されているため、商品グループを使ってわざわざ設定しなくても、それ専用のページとして作成できる。