circuit-1357939_1920

将来、家にあるコンピュータは今よりも様々な機能を持ち、中央管理するシステムが家に1台必ずあって、例えば、それぞれの部屋に端末があり、それは電気製品やロボットなどを管理しているのではないかと普通に思う。おそらくそうなる。で、そういった時の中央管理システム、外との通信も出来、中のそれぞれの機器とのやり取りが行える。今よりももっと相互のデータのやり取りが複雑になるはずなので、そういったシステムが良いもの/悪いもの差があるにしても、一家に一台という形で、家の一つの必須機能として搭載されるはず。

データを記憶、蓄積する場所はクラウドやそれぞれの端末に保存されるにしても、制御される中央システムというものは大きなパッケージ、いうなればトイレやお風呂のようなユニットとしてついてくるのではないかと思う。

そのようなホームサーバーだろうが、その一般名称は果たしてホームサーバーなのか、それとも違ったものなのかいろいろな名前を考えてみた。おそらくはもっといい名前になるだろうが。

名称アイデア

ITハウス

なんとも、それを示しているものだと想像がつきづらいものですね。

サイバーハウス

これだと、ハウスがダサい。

サイバーホーム

うーん。

システムハウス

なんだか、システム会社の名前みたい。実際良く見かけますね。

スマートハウス

スマートなんとかというコトバが廃れていたらカナシイ。

デジタルハウス

これだと電子住宅。なんともダサい。

ホームサーバー

この辺りが本命的?自作サーバーってあるけれどれも、これが一般浸透して、Webサーバーとかではなく、総合管理システムとなって流行るとこれになるかも。

ホームシステム

近そうだし、しっくり来るが、すでによく検索されるので、別の意味で使われていそうな。

ホームマシン

総合的に管理しているという意味では今ひとつな感じがする。

ロボットハウス

家がロボット型みたいな感じがするな。