ファッションコーディネート例

季節ごとのコーディネート

季節ごとのコーディネート例を表示しています。

3月

春と言っても冬から春に入ったばかりの3月はまだまだ寒い。ジャケットでも冬に近いものを羽織ることが多い。

グレージャケット+グレーシャツ+ジーンズ

色味が無彩色を上、下をジーンズにした無難なスタイル。

ジャケット+シャツ+カラーパンツ

シアンブルーとパープルのパンツ、シャツは黒。

4月

温かい日には、ちょっとした秋にも使えそうなジャケットを羽織る。中はシャツで良いことも。

5月

ジャケットがいるかいらないかの季節。

七分丈ジャケットとボーダーシャツ

横ボーダーのグレーラインの入ったシャツと短めのジャケット、グリッド・格子柄のグレーパンツ。

6月

雨が降ったり、寒い日があるので、半袖になるのはまだ早いことも。

シャツとジーンズ

シンプルなジーンズと柄になっている赤紫の重ね着風シャツ。足元が蒸れなければジーンズで、少し暑いなら、7部丈とかで工夫。

7月

半ばまでは梅雨が続いていてジメジメしている。気温が必ずしも高いわけではないが、そろそろ半袖を準備しても良い。

8月

上着を着ることは無い。ラフで最も開放的な服装でいることが夏らしい。

9月

少々夏よりも猛暑が少なくなる次期ではあるが、半ばをすぎるまでは秋らしさを感じない。

10月

急激に温度変化が起こる時期。上旬は涼しい格好で、下旬は上着を考えなければいけない。

11月

月末になると、初霜をみるくらい寒い日が何日かある。上着は10月よりもさらに冬に近い格好に。

12月

冷え込むが1月2月と比べるとまだ過ごしやすい日が多い。寒がりならばマフラーが必要かもしれないが、よほどのことがない限りは使わない。

1月

マフラー、手袋が欲しい日が何日かあるかも。

2月

最も寒い時期。雪が降る可能性が高いし、厚手の服装になる。

参考

参考にしたい配色・組み合わせ:
服装 配色、組み合わせ・色合わせ、カラーコーディネートのリスト