• このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookはアメリカで2004年にリリースされた。2008年頃から日本向けもリリースされた。

実名登録という当時流行っていたSNSサイトのmixiの台頭として現れた。実名登録ということで、毛嫌いされる反面、本人で誰か特定できることからビジネス利用者としてはよく、ネットワークづくりには役立っている。

Twitterなどでも同じようにオフ会を目的にしているのであれば、Facebookよりも人を集めやすい側面があることから、Facebookよりも…。と考える人が多い。

会いたい時に会える・会うまではシークレットでという日本人の気質にあっているのはTwitterであることは間違いない。

Facebook日本語が登場された頃のコメント

FacebookというSNSがアメリカではかなり流行っていて、選挙にも影響力があるほど。そんなFacebookが日本に登場したようです。実名での登録が原則となっているようで、最近会っていない親友などを探すため、また親密に交流をしたいという人には信頼が置けるSNS。

Facebook:https://www.facebook.com/

ただ、実名公開はアメリカと違って日本では抵抗がある。英語は本人が特定されにくいやろうけど、日本やと漢字で表記するわけでどうなんやろなと。あと、mixiと同じようにしか思えへんから果たして新たにFacebookを利用する人がおるんかどうか疑問。日本の風潮として、同じようなサイトやったら言うたら既存のものから新規のものに手を出すのはほぼ無い。あと、ちまたで流行っているやらあたり前のようになるやらせんと難しい。日本はクチコミの世界やから。
ただ、あれだけアメリカで流行っとるわけやから、なんとか日本でも流行らせようとがんばってはくれると思う。どう来るかは楽しみ。
実名登録に抵抗の無い人とか、人ともっとつながりを持ちたいような人は一度やってみてください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です