高速道路などで、長距離運転における足の痛みや体の疲労について

調べてみると長距離運転で足に痛みを感じるという方は多いみたいです。

ただ痛む場所というのは人それぞれらしい。

  • アクセル、ブレーキを踏みこんだり、離したりを何度も繰り返すため、疲労する筋肉痛のようなもの
  • 冷えると筋肉や腱が縮むらしく、凝るらしい
  • 姿勢が悪いととあるポイントに力が集中して凝ってしまう
  • 車中泊やクルマで休憩する
  • その他疲れるようなことをしている

車中泊やクルマでの休憩というのはよくやったりするもので、楽しいけれども、あまりよろしくない。できれば、休憩所や簡易宿舎を利用するのがオススメ。

さらに、SAやPAによってはコインシャワーなんていう施設もあります。高速道路以外ではなかなか体験できないものなので、面白い。(コインシャワーの使い方

さて、これらのような、疲れや痛みを軽減したり回復したりするためにどういったことを行えばよいでしょうか。

運転や姿勢を見直す

車中泊や休憩ができない人がなるべく、負担を抑えるためのアイデア。

  • 調整できるのであれば、ハンドルの位置を調整する
  • シートの位置を調整する
  • シートベルトの付け方
  • SA、PAで休憩する

と言ったことが考えられます。

また、休憩施設やコンビニなどの販売所には疲労回復のためのサービスや商品が売られているのでそちらを試してみるというのもいいかもしれません。高速道路には長距離運転や高速運転に向いた商品やサービスが多く集まっているので、普段まちなかでは見かけないような商品が集まっていて便利ではあります。

足のマッサージ

足をマッサージするだけで、足がつるといったことを軽減できるかもしれません。少しでも足が楽になるのであれば、休憩時にもんだりしましょう。

医薬品等を使う・常備する

医薬品は人によっては効くといえば効きます。しかし、気休め程度に思っておくのが良いかもしれません。こればかり頼っていると、いざ急いでいる時に痛みが治らないと辛い思いや、運転で危険な目に合うかもしれません。余裕を持った行動を行いましょう。

サロンパス

スポーツ用の冷却剤。スプレータイプのものが手軽で幹部に吹き付けやすい。

バンテリン

バンテリンという商品がありますよね。筋肉や関節の痛みにというあれ。

CMでは良く見かけますが、実際に使ったことがないという方もいるのでは?けっこういい値段がしますが、たまにしかつかわないのであれば、しんどい思いをしているよりはいいです。

スプレータイプが好きな方は、スプレーの商品を買うと爽快感があります。

 

足湯

足の血行不良ということが原因かもしれないので、道の駅などにある足湯に浸かるだけでも症状が随分と改善することも。プラス100km走りたい時にはええかも。