• このエントリーをはてなブックマークに追加

横並びというか一直線に必要な機器や設備を並べて通常必要となる時間を短縮する。

具体的な構造

以下のとおり、動かさない設備は一直線に並べる。

  1. 動かさない設備
    1. 脱衣所
    2. 洗濯機
    3. 物干し竿、風や空気で乾かす機器
    4. ベルトコンベア
  2. 動かすもの
    1. 洗濯カゴ
    2. 洗剤
    3. 洗濯バサミ
    4. 下着入れ

運用

  • 洗濯物を貯めこむ、脱衣所と洗濯場・物干し竿はつながっている
  • 溜め込んだ洗濯物を洗濯機で洗濯する
  • 洗濯が終了する頃を見計らって取り込み、干す
    • 洗濯機からがっさり取り出して伸ばして、干してくれる機械があれば良いが
      • 乾燥機もそれに代替するものであるが、縮むなどの問題がある
  • ベルトコンベアに乗せて干してくれれと良いが、手で干す
  • 干し終わったら乾くまで放置
  • 乾いたら取り込む
    • くしゃくしゃになって困るものや下着などは種類別にまとめる
      • 下着
        • Tシャツ
        • パンツ
        • ブラ
      • 靴下
    • カッターシャツ
    • 上着
  • カッターシャツや上着など、シワが目立つものはハンガーのままクローゼットにセットする
    • 位置は洗濯機の隣にある物干し場の隣にあるクローゼット
      • 一直線にすることによってこれらの効率が飛躍的にアップする
  • クローゼットから着替えが必要なときは取り出して着替える。
    • 直線に設置する。場所が足りない時は上下手前奥の場所をうまく活用して密度高くしまえるようにする
  • 使った服は一番最初の位置に洗濯物としてためこみ、これまでの動作を繰り返す

注意すべきこと

  • 家の構造を見直す必要がある。縦または横に10mは必要
  • 基本的にはNo Ironのものを買う
  • たたむという行為を減らす