衣裳部屋をつくり、服装のコーディネートの載ったサンプルブックを壁にかけて効率化をはかる

衣裳部屋をまずはつくる

衣裳部屋をつくる。

今どういった服があるのか、
夏服が多いのか、冬服が多いのか、
カラフルなものがあるのかなど、種類別に分けるとわかりやすい。新たに買い足す服の買い物も捗る。

ほかのものに邪魔されないので、服に関することに集中できるのがメリット。自宅に余裕があるのであれば、そうすることで、効率的に過ごすことが可能になるかも。

ミラーを置く

ミラーを置くと自分に似合っているのかを確認することができる。できれば全身像が写るようなミラーがおすすめ。

サンプルブックを壁にかける

サンプルブックというのは、コーディネートの見本帳。おしゃれに着こなす●●とか、お金をかけずに××のようなコーディネート本、あるいはメンズファッション誌のようなコーディネートのページをばらして、パンチで穴を開けてリングを通す、そして、それを壁からかけるか、壁につっかえをつけて、のせるなど。

すぐにページがめくれるようにしておきたいというところがポイント。気がている時間・迷っている時間を極力減らすために工夫したいところ。

コーディネートに自信のある人は問題ないことかもしれない。