Web制作費用の違い・運用費用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webサイトや情報発信するときに絶対に必要なもの

  • レンタルサーバー
  • 配信サービス

どちらかが必要?

レンタルサーバーのおおよそは費用が必要。なかには無料のレンタルサーバーもある。ブログや他の配信サービスを無料で利用するだけならば、ドメインは無くても発信できる。目的を達成できるものならば、わざわざ、Web制作をしなくてはいけないというわけではない。

ドメインを使ってWebサイトを運用するときに必要なもの

  • レンタルサーバー
  • ドメイン

Webサイト・ページの設置を行うための場所

レンタルサーバーは安ければ月250円ほど。年間で、3000円あれば十分ということも。
ドメインが必要なければ、そのコストもカット可能ではある。年間やすければ千円ほど。

運用・継続を目的とするなら、年間5000円で可能

レンタルサーバーの価格の違い

  • 速度
  • 安定性
  • ネットワークなどの専有性

といっても体感的に速度の速さがわかるかどうか、といったシステムを動かさないケース。例えば、町のお店紹介10ページほどならば、アクセスの心配は大きくないため、最も安い月250円のもの、無料のHP運用サービスで事足りる可能性もある。

サーバーが少しでも表示されない・こけてはいけない場合は月数万といったサーバーもある。ドメインは業者によって異なる。同じドメインでも管理を任せる会社によって費用が変わる。

おおよそのケースでは、制作費用が短期的な目で見たときには必要で高くなる。
ただここも、自分で作る、あるいはデザインなどをそれほどこだわらないのであれば、かなり安く抑えられる。

AllexsalonによるPixabayからの画像