• このエントリーをはてなブックマークに追加

コスサミにおける持ち物や準備、ふるまいやらを推測だったり、こうしたほうがよさそう、といった程度のマニュアルとしてまとめました。
マナーやルール

・ローアングルとかはダメ

・迷惑になる行為はダメ

・露出を求めるような行為はダメ

・撮影するときは声掛けする
細かいところは、ほかにもいろいろあるので調べる。

持ち物
一眼レフカメラ

レイヤーさんは撮影を快くうけてくれる方が多い。コンデジでもOKしてくれるけど、やっぱり一眼レフを持っていると、本人もその気ににもなるし頼みやすい。

楽しむ

・人それぞれ、不快な言動をしない

・夏なので、祭りだと思ってもよい

周囲

・携帯やカメラを持っていなくても、たくさんの人がいるのでぶつかったり、衣装を踏みつけたりしないように注意

・道を通してもらうときはすみませんとひと声かける

・明らかに通ってはいけなさそうなところは通らない

・撮影の邪魔をしない

同行者

・友達と一緒に行ったほうがいい

・友達にレイヤーがいると溶け込みやすい

・子供に対してはみんな優しい。いっそのこと自分や子供と一緒にコスするのもいいのでは

撮影するとき

・積極的に声をかける

→不機嫌な人や、疲れていたり、失礼なことを言ったりしなければ大丈夫なのです

・撮影する旨を伝える

→勝手にとっている人は多いですが、マナーとして。

・景色や全体なら取り易い

・一緒に撮影する場合はその旨を伝える

・失礼なことを言わない

→キャラを知らないとかどうこう言うくらいなら、撮影させてくださいだけでいいのです

・組み合わせ(一緒に自分が映るとか)というのは、キャラクターによって異なるのです。

子供連れならば、子供向けのキャラクターがおすすめ。特撮系とかネタ系とか。

カッコよく、あまりメジャーではないキャラクターは、自分と一緒に撮影するというのがいいかも。

※もちろんはっきり文句を言う人なんてほとんどいないと思いますが、お互い気持ちよくイ弁をを楽しむために…。

・協力的な方が多いです。撮ってくれそうな方に声をかけて(なるべく私服で、次撮影したそうな人がいいとは思うけど)

撮影してもらう。

・休憩中も快くポーズしてくれたり、撮影してくれる人が多いですが、暑いので休憩させてあげるのが本当は良いかも。

・いっぱい撮影したいなら、グルグル回りながら撮影すると効率的。人が集まっているところだと、撮影しづらいし、声掛けしづらいので、

ベストは1人撮影しているところを見つけ、そのあと撮影させてくださいと声かけるのがいいかも。

いろいろなキャラクター

・キャラクターの個性に合わせて演じている人がいます。そのため、

不愛想なキャラクターだと、それにあわせて演技しているのかもしれません。なので自分もそれに合わせると楽しめるかも

・多くの人は優しいです。特に子供には。

・夏なので露出の多いキャラクターをしている人もいます。

・装備を本格的に再現したい人は、武器、道具を持っている可能性があります。剣や槍など、金属製でないにしても、

危ないことがあるので、自分から近づかないこと。レイヤーさんが気を使っていても、近づきすぎて、当たってけがなどすることもある。
健康

・熱中症、脱水症状など、夏の危険な症状に注意する。

・水分補給用のドリンクを十分に用意しておく。2時間以上炎天下を歩くのなら、1Lあってもよいくらい。

・可能な範囲で、同行する友人の夏の症状にも注意する。こまめに休み、水分補給を

・大通りの地下は涼しく広いので、暑くなって来たら休む。炎天下を歩くとしんどいので、影をみつけてそこで休む。

・お店の前に座り込まない

・広いロケーションに陣取らない。自分がレイヤーならば話が違ったりもするけれど。休む時はなるべく人が通らないところにいれば、大丈夫
休日、有休

・日曜日なので、次の日はたいへん疲れます。会社勤めの方は、会社に迷惑がかからないように、昼まで休みをいただくか、

1日有休をとる