• このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせのためのプログラム、メーラーではなくてWebのお問い合わせフォームから入力情報を送信してサーバー側で処理を行って、問い合わされた情報を受信するという仕組み。受信する側の多くは、運営者の使用しているメールアドレスに届くというのが多いと思う。

PHP

PHPが普及するまでに、CGI/Perlで組まれているお問い合わせフォームプログラムが多かったのですが、PHPで構築するというケースが増えてきています。PerlとPHPを組み合わせて運用するというのが厄介だし、組みづらい・組み合わせられないことが多々なので、こういったものが配布されるは当然の流れ。みんな楽したいし、不必要な労力をかけたくない。

どういったところで困るかというと、共通のヘッダーなどのテンプレートを適用したい時にはファイルの拡張子が同じか、そのテンプレートファイルが読み込めるような仕組みになっていないと、複数箇所変更しなければいけないようになるということ。

PHPのお問い合わせフォームを使う醍醐味・メリット

  • カスタマイズできる、改変することができる
  • PHPで組まれたサイトならば、共通パーツを読み込ませて効率化をはかる

PHP多機能メールフォーム: http://www.php-factory.net/mail/01.php

Microengine: http://microengine.jp/mailform/

CGI/Perl

安定している。というと語弊を招く。昔から有るので、基本機能を兼ね備えていて、大抵のサーバーで動くであろうメールフォームソフトは、CGI/Perlなどで組まれていたりする。

HTMLのみで作成されているサイトであれば、まだまだ使える便利なソフトが多い。

POST-MAIL: http://www.kent-web.com/mail/postmail.html

メールフォームCGI: https://www.synck.com/contents/download/cgi-perl/mailform.html

ASP

お問い合わせフォームのASPが登場、なにごとも自分で組み立てて設置して、カスタマイズして、いろいろ調べてっていう時代がありましたが、これだけで事足りるということもある。

フォームメーラー: http://www.form-mailer.jp/

FORM-Maker: http://www.form-maker.jp/