会社で気を使いたいこと暗黙の了解やルールなど

風邪の時にマスクを付ける

ウィルスが病原菌が空気中に出ないように、配慮する。

インフルエンザやノロウィルス等、原因は不明だが咳が出る時はマスクを付ける

ウィルスが病原菌が空気中に出ないように、配慮する。

原因がハッキリ分かったら

内容に合わせて出社を見合わせるなど、配慮する。

マスクを付ける

一般的に見かける白い清潔なマスクを使用する。柄物や、社内・社風にそぐわないものはつけない。

咳き込む

受話器から口を離さずにせき込んだり、飛散を防ぐためにハンカチや手で抑えたりしないのは木が使えないと思われる可能性がある。

タンを吐き出す

大きな音をたてて、共有スペースのシンクなどに吐き出さないように注意する。タンが出たら、うまくおさえるようにする。

くしゃみ・咳の配慮

咳やしゃみの際は、ティッシュぺーパー・ハンカチなどで、口と鼻を被う。そして、他の人から顔をそむける。最低でも1m以上・できれば2m離れる

使ったティッシュは、直ぐに捨てる

咳やくしゃみをする際に押さえた手は、その後直ぐに手指衛生を行なうが、周囲に触れないように注意する

環境の汚染を減らすために、咳をしている人にサージカルマスクの着用を積極的に促す