会社の暗黙のルールや常識、よくある慣例など

会社では言われなくても守るべきことやマナーなどがある。ある程度は寛容な人も、こんなことはしてほしくないということは人それぞれ、日によって・気分によって変わる。愉快にさせなくても、よく思われなくても、少なくても、悪く思われないようにしたいところ。気をつけなければいけないことは多い。子供の頃からこういったことになれている人にとっては当たり前のことかもしれないが、そうでない人もいるのが事実。年をとるとこういったことに注意しなくなるため、若手は我慢を強いられると行ったことが出てくる可能性がある。

なるべく悪くおもれないようにしたいところだ。

服装

周りに合わせる。

  • 派手でないもの
  • 色が統一されているもの
  • 配色が心地悪くないもの
  • 柄が極端でないもの
  • シンプルなもの

スーツを着ていれば良い、色を合わせれば良いということでもない。ちゃんと仕事に合わせたもの、ふさわしいものを着る。

電話中はあまりうるさくしない。

私語が長くなったり、大きい声で迷惑にならないように。

電話相手は緊張するが、慣れてくると相手も長電話となる原因に。まわりに迷惑がかかりそう、長くなりそうな時は、早く電話を終わらせる、席を外すなりの工夫が必要。

時間

時間は守る。10分前、できればもっと前に準備していなければいけないような職場もある。機械の起動に時間がかかる時は30分前など。

  • 理由のない遅刻
  • 理由の無い早退

は厳禁。間に合わないことが繰り返されると厳罰処分、クビになることも。

報告

何かあったときは報告。悪いことを先に早め早めに報告しておいたほうがいい。嫌なことをあとに回しても悪い結果になることのほうが多い。

かといって言わないほうがいい報告もある。懸念しなくてもいい懸念、勘違いなどは報告しない。報告する内容は報告すべきことなのかを頭の中で整理して、伝えるべきことを伝える。言葉で伝える以外にも紙に書いたり、データに起こして共有化すると行った方法も考えられる。

相談

判断できかねることは判断可能な人に相談する。自分でできないこともどうすればいいのかを先輩に聞くとすぐに解決するかもしれない。解決しないことは上司・知識のある人に聞いて、早い段階で解決しておく。

相談もタイミングや内容に注意する。聞くべきことでないこと、聞いても仕方のないこと、かえって混乱させてしまうような情報はそのまま伝えずに、精査してから伝える。

姿勢

あぐらをかかない。
かいていると注意されるところもあれば、そうじゃないところも。姿勢が良いと少なくても悪くは思われないことが多い。