会社にある無駄な慣習・習慣、ルールなどは浸透していかなければやり方を変えるかやめるが良い

決まり事や習慣が行われなくなって2年以上経ったものは忘れていいし、特に行わなくて良い

1年経過しても、すでに存在自体が忘れ去られているであろう習慣やルールなどは、2年後も同じく行われないのであれば、もう既に行わなくていいか・興味がなくなっている、やりたくないといったものなので、放置しても良い。
ムダな決まりや習慣というものは自然淘汰されるもので、不必要な書類が残っているのであれば、許可を得て処分したり、改善の目的が残っている/続けたほうがいい事柄ならば、うまく習慣になったりルールを守ることができるように形式などを変更する・工夫したほうが良い。

決まりやルールに縛られるのは嫌だという人が多い。習慣はそれぞれのやり方があるが、周りがそうであればそれに合わせていくこともある。時たま、周りに合わせない人もいるわけだが。