小型車や軽自動車の買い替えで、新車/今よりも新しい年式の中古車に乗り換えるとどれくらい維持費が変わる?

このページでは主に小型車や軽自動車情報に焦点を当てています。大排気量・重量車は主に節約やコストをそれほど意識するケースは少ないと思うので、割愛しています。

もし、大型車や大排気量の車を購入したいが、予算がギリギリの人は、検討している車より少し排気量や重量の小さい車やそれに近い自分が満足できるものを選択するのも手です。または、どうしてもそれがいいときは、他の生活費を見直すといいかも。

税金

役所に払わなければいけない費用は以下の通り

  • 自動車税(排気量税)
  • 自動車重量税+経過年数重課税

自動車税(排気量税)

※電気自動車は軽自動車でなければ、0cc~1000ccになるので29500円(減税されることも)。

0cc~660cc(軽自動車):10800円

0cc~1000cc:29500円

1000cc~1500cc:34500円

1500cc~2000cc:39500円

車検:点検基本費用+自動車重量税+経過年数重課税

車検費用

車検費用は依頼する場所や修理部品の有無などで変化が激しい。

車検は自家用車であれば、新車登録時は3年。継続する際は2年に一度。中古車は同じく2年に一度。他の車だと変わってくる。

自動車重量税+経過年数重課税

税金は変化するが、費用と違ってルールが決まっているため、どの車種でも同じ費用となる。エコカーだと減税適用がある

中古車を購入する時や長年乗り続けている車は、新車登録から13年を経過した車は重課され、新車と比べると以下の通り。18年経過するとさらに重課される。

自家用車2年の重量税は以下の通り。※エコカー減税は割愛

軽自動車 新車~12年 13年~ 18年~
軽自動車 6600円 8200円 8800円
0.5~1トン 10000円 22800円 25200円
1~1.5トン 15000円 34200円 37800円
1.5~2トン 20000円 45600円 50400円

軽自動車:6600円→8200円→8800円 ※それほど高くない。年額にして、1000円~2000円程度アップ

0.5~1トン:10000円→22800円→25200円 ※年額 6000円~7500円程度アップ 一度の旅行程度は上昇する

1~1.5トン:15000円→34200円→37800円 ※年額 9500円~11400円程度アップ

1.5~2トン:20000円→45600円→50400円 ※年額 13000円~15000円程度アップ

修理費用

これは、車検時に発生するかもしれないし、トラブル時にいきなり発生するかもしれない。状況や部品によりまちまち。低年式の古い車は、
高年式である新し目の車と比べて、リスクが高くなる。これはバランスや運で判断?愛着のある人は、ここを気にしないというかしっかりメンテナンスすると言うか。

あとは、古く感じてしまうかどうかというところ。費用のみに焦点を当て、そこそこの修理費用で収まるなら、長く乗っている方が得であることが多い。

ガソリン代

ガソリン代は、買い換えると以下の通り。

実燃費 5km/Lで、1kmあたり走行する費用は、リッター150円で計算すると30円。10000km×30で30万円。
10年で300万円かかる。

実燃費 10km/Lで、1kmあたり走行する費用は、リッター150円で計算すると15円。10000km×15で15万円。
10年で150万円かかる。

実燃費 15km/Lで、1kmあたり走行する費用は、リッター150円で計算すると10円。10000km×10で10万円。
10年で100万円かかる。

実燃費 20km/Lで、1kmあたり走行する費用は、リッター150円で計算すると7.5円。10000km×10で7.5万円。
10年で75万円かかる。

実燃費 30km/Lで、1kmあたり走行する費用は、リッター150円で計算すると5円。10000km×5で5万円。
10年で50万円かかる。

例:10km/L→20km/Lならば、75万円(150万-75万)・年額7.5万コストダウン。

年間走行距離が少ない・燃費が良くない車に買い換える時はコストダウンにならない。軽自動車に買い換えて、ドライブの時はレンタカーなど豆に自動車ライフを計画すると最も賢い。

買い替えシミュレーション

中くらいの車から軽自動車

2000cc・1.5トン超で低年式の車から、軽自動車に換えると、

  • 自動車税:39500円→10800円(1年)
  • 重量税:50400円(2年)→6600円(2年):3300円(1年)
  • 経過年数重課税:15000円→0円:15000円(1年)
  • 燃費例(10km/L→20km/L):7.5万円(1年)

年額140600円=28700円+21900円+15000円+75000円

さらに、タイヤ代や修理代など部品が軽自動車のほうが安いので、そこも含めるとさらに安くなる。

上記例だとコストだけ見たらかなり得になる。軽自動車になること、遠出しづらくなることを考えると、もう少し大きいクラスとなる。車を買い換える目的は、新しいのに乗りたい、古くなってきた、故障の心配をしながら毎日使いたくないがほとんどだと思う。

燃料代が安くなるのは間違いないが、同じクラスやエンジンで、それほど乗っていない車から最新のものに乗り換えても驚くほどコストは下がらない。

5年乗ったとして、70.3万ほど浮いてくる。70万円の軽自動車なら、ペイできてしまう。

中くらいの車からコンパクトカー

2000cc・1.5トン超で低年式の車から、コンパクトカー(1000cc・0.5~1トン)に換えると、

  • 自動車税:39500円→29500円(1年)
  • 重量税:50400円(2年)→10000円(2年):5000円(1年)
  • 経過年数重課税:15000円→0円:15000円(1年)
  • 燃費例(10km/L→20km/L):7.5万円(1年)

年額120200円=10000円+20200円+15000円+75000円

5年乗ったとして、60万ほど浮いてくる。100万円の車なら半額で買い替えたような計算?ただし、コンパクトカーに乗ることが気にならないことが前提。

中くらいの車から少し小さめの車

2000cc・1.5トン超で低年式の車から、1500cc・1~1.5トンに換えると、

  • 自動車税:39500円→34500円(1年)
  • 重量税:50400円(2年)→15000円(2年):7500円(1年)
  • 経過年数重課税:15000円→0円:15000円(1年)
  • 燃費例(10km/L→15km/L):5万円(1年)

年額87700円=5000円+17700円+15000円+50000円

5年乗ったとして、43.8万ほど浮いてくる。このあたりになると、新しい車に乗ることの喜びというのが勝っていて購入するケースとなるあまり買い替えのコストダウンの期待はできない。

中くらいの車から同程度の車

2000cc・1.5トン超で低年式の車から、2000cc・1.5~2トンに換えると、

  • 自動車税:39500円→39500円(1年)変わらず
  • 重量税:50400円(2年)→20000円(2年):10000円(1年)
  • 経過年数重課税:15000円→0円:15000円(1年)
  • 燃費例(10km/L→15km/L):5万円(1年)

年額72700円=0円+15200円+15000円+50000円

5年乗ったとして、36.5万ほど浮いてくる。このあたりになると、新しい車に乗ることの喜びというのが勝っていて購入するケースとなるあまり買い替えのコストダウンの期待はできない。

まとめ

古い2L・2トンの車から各車に換えると…

  1. 軽自動車:140600円(1年)/約70万円(5年)
  2. コンパクトカー:120200円(1年)/約60万円(5年)
  3. 中小型車:87700円(1年)/約43万円(5年)
  4. 同程度:72700円(1年)/約36万円(5年)

新しい車に買える時のメリット/乗り換えたい気持ちになる時

  • 新しく新鮮な気持ちで乗れる
  • 燃費が改善されているのであれば、出費が今より抑えられる
  • 修理のリスクを今よりも抱えることなく乗れる(車種や状況による)
  • 古いなぁと感じる
  • ガタツキが流石に辛くなってきた
  • 愛着がなくなってきた