• このエントリーをはてなブックマークに追加

HTML

Webページの内容を論理的に定義するためのファイル。Webページのコンテンツそのものとなって表示されるため、記述の内容には最新の注意を払う必要がある。書き方を間違えると、CSSが正しくてもうまく表示されないことが。落ち着いて確認してみましょう。

崩れ

  • 閉じ忘れ
    • 空タグと呼ばれる<img>やら、<input>などは良いが、レイアウトに使用される<div>などは一度開いたらちゃんと閉じているか
  • 閉じすぎ
    • 同じく<div>でよく起こりうる崩れ。</div>が1個でも多いと崩れてしまう原因に。

CSS

スタイルシートと呼ばれる装飾を定義するためのファイルや記述。綴がちょっとちがうだけで動かなくなり、堂々巡りすることが。よーく確認してみると良い。開発者ツールを使うとプロパティが正しくないことが一目瞭然なので、深呼吸してゆっくり確認すると違いが見えてくる。

プロパティ

  • background
    • backgrond
      • uがない
    • backgrand
      • チョット違う
    • backgroun
      • dがない
    • repat
      • レパット
    • repaet
      • リペァート
    • repeet
      • リピィト
    • x-repeat
      • エックスリピートじゃなくて、repeat-x
    • y-repeat
      • repeat-y
  • color
    • calor
      • カラーなんだけど、colorが正解
    • font-color
      • フォントカラーじゃない!
  • font
    • font-family
      • 正しいけれども、fontで指定したい時に値が間違っているかも
  • margin
    • marigin
      • マリ人!

PHP

サーバーサイド言語の一つで、サーバー側で処理を行い、HTML等の文章を表示させる。決まりは比較的ゆるいので、作法を間違えても比較的簡単に解決することができる。といっても、ドツボにはまると辛いことに。深呼吸して文法は間違っていないか?論理的に処理は合っているか?をチェックする。

クイックチェック

  • 変なところに全角が入っている
  • 綴が間違っていないか?
  • 変数名は正しいか?
  • 関数に渡す値や順番は正しいか?

綴り間違い

つづりがまちがえている。<div>とするところを<dib>とかになってしまっている。HTMLは対なので、開いたタグ<div>に対して</div>が本来記述されているべきなのに、</dib>とかになってしまっていると閉じられない。そのため表示崩れなどが起きる。