• このエントリーをはてなブックマークに追加

コーダーと言っても広い。
プログラミングをしたり、HTML・CSSをマークアップしたり様々。そのいずれかのみ行う人や俗に言われるプログラマーという人も言い換えればコーダーと成るケースもある。

ここでのコーダーというのは、Photoshopなどのデザインデータをスライスして、画像ファイルを書き出し、HTMLでスライスしたファイルを記述して(コーディング)WebサイトやWebページとして作成する担当者。HTMLを記述したあとは、装飾はCSSで行うためそちらの記述も合わせてコーディングと呼ぶ。

装飾以外にもJavaScriptを記述することもある。JavaScriptはHTMLやCSS等に振る舞いをつけて動きをつけるために記述する。
一から記述することもあるが、jQuery呼ばれるライブラリファイルを利用するケースもある。