• このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で行えば、サーバー・ドメイン費・CMSの費用(オープンソースなら無料)があれば安くできます。 制作会社やフリーランス、友達などに依頼する時は費用が提示されたとおり必要になる。 サーバー、ドメインなどはもちろん制作費とは別。  

高いもの安いもの

  • 普及しているノウハウが溢れているCMSは安い
  • 普及していなくて、マイナーなCMSは高い

案件・自分に向いたCMSの導入

  • 自分が構築していきたいサイトに向いているかどうか
  • 小規模か、大規模か?

CMSの選択

普及しているCMSは安くなってきている。マイナーでドキュメントが少なかったり、開発者や利用者などが少ないCMSは費用が高くなる。普及しているCMSで事足りるのであれば、それをもとにして構築してもらうに越したことはない。

マイナーなCMSを使う時は、必要不可欠な際にのみ選択する。

コストに差が出る案件内容

新規構築で、カスタマイズを行わなければかなり費用は安くすむ。反対に、カスタマイズが多い、複雑な処理をかけなければいけない時は費用がかかる。

  • 既存のコンテンツを移設する
  • 移設するコンテンツが複雑
  • データの量が膨大

といったことがあると、断られるなんて行ったこともあるかも。

CMSの導入