シャルトリューズやアブサンなどの特殊なハーブ酒を使って魔術を唱えるように楽しむカクテル

シャルトリューズは砂糖が入ったあまーいハーブ酒。とろっとしていて、アルコールもかなり高い。西洋のファンタジーRPGに出てきそうなMPを回復できそうなそんな見た目と味。飲み減らしていくとわかるが、砂糖があまりに多いので、蓋に砂糖の塊がこびりついて、カチカチになる。

風邪のときなどは吸収が良くて、薬になるんじゃないかって感じがする。

さって、シャルトリューズやアブサンなどを買ったはいいが、使いみちがない。そう、そのまま飲んでも、ロックで飲んでもあまりに癖が強いから減らない。カクテルにすべきだ。

といっても何が合うのか?

トニックウォーター

ジン – グリーンアラスカっていうらしい
ジンで割るから、シャルトリューズと合わせてもアルコールは40度~50度。

モヒモヒ
モヒートにする。

家にはハーブがたくさん生えてるからいっぱいモヒートできちゃうかも。

ライム汁
ミント
ソーダ
シャルトリューズ
砂糖かはちみつ

グレープフルーツジュース

最後はストレート
飽きてきたら、最後はストレートで。20ml~50mlくらいかな?

魔術のハナシは?
魔術は唱えられたり、なにか炎を扱えるようにはならないですが、角砂糖とアブサンをかき混ぜて、火をつけて日が消えたら水を入れるらしい。なにそれ、カッコイイ。