• このエントリーをはてなブックマークに追加

あくまで目安です。会社によって違うし、閑散期であってもリコール対応などに追われて、大変になることも。頼んでお金を払う側ではあるが、ディーラー側が落ち着いている時に話し合えたほうがお互いに気持ちが良い。

6月~8月のあたま、10月あたりが一般的には忙しくはなさそう。新車発表やリコールなどが起きたら状況は変わる。また、たまたま依頼される次期が通年と違う場合は案外空いていることも。平日の夜や、ディーラーの都合に合わせれば修理は早く終わる。

新車の購入や商談は月の第3週目・日曜日の16時以降がオススメ。人があまりいないだろうし、3週目は販売台数にそろそろめどを付けなければならないため、すこし安くしてもらえる見込みがあるかもしれない。

備考
1月陸運支局が年始は閉まっている・他の修理工場も閉まっているため集中・新年の車の不調もありサービスは混雑、遅めのタイヤ交換をする人も
2月3月の超繁忙期を避けるために1ヶ月前より車検依頼する人が多くなったのでかなり繁忙期
3月車検などが多いため、1年で最も忙しい時期、繁忙期
4月販売側の繁忙期、新生活:新車購入のため手続きが行われる
5月ゴールデンウィーク前後は長距離外出などが修理などが多いため、点検や修理が重なる、後半は落ち着き始める、ゴールデンウィークのため、稼働日数が少ない
6月★サービスの閑散期
7月★販売・サービスともに閑散期、おちついたタイミング
8月サービスは、里帰りのため、修理依頼等があるかも、お盆は休みになるため、稼働日数が少ない
9月会計年度上、ディーラーの期末になるが、車検が集中することは少ないので基本的に閑散期
10月★季節も落ち着き、修理や販売もゆるやかな閑散期
11月12月前には忙しくなる。10月に予約を取っておいて、11月の頭に完了させるようにすれば重ならない
12月年末商戦等で販売が繁忙期、サービスも里帰り前などの点検修理が多くなる、冬用のタイヤの交換も多い

あくまで目安

人手不足だったり、工場の効率化で問題を抱えているとなると、頼んでも1ヶ月先といったことはざらにある。

急ぎの場合は町の気のしれた整備工場に任せるか工夫をしたほうが良い。

他の場所で対応できることはそこで行う

ディーラーで絶対行いたい場合は、予約をとっておいて、年間スケジュールもなんならばしっかり組んでおくのが良い。

タイヤの交換やオイル交換は知り合いや自分でできる、修理工場を他に知っているなどの場合は、そこで対応したほうが良いかもしれない。どうしてもディーラーで行いたいのならばスケジュールを組んでおく。早めに予約しておく。

優先順位

たくさん修理しなければいけない箇所が出てきて、困ったなぁといったとき。忙しい工場にしか頼めないときには期間や優先順位が大切になってくる。

許容というものはどこの工場でも同じなので、重大な修理からおこなう。

工場側にプレッシャーを与えるというものも長く付き合っていく上でよろしくはない、うまく優先順位を選択して工夫したいところ。