車にかけるお金をなるべく低く抑えるためのケチケチ計画

車を買わなければ・所有しなければ最も安く済ませられる。カーシェアリングやレンタカーのみにするととても安く抑えられる。
ただ、田舎だとそうも言ってられないということで、その話はここではしないことに。

あくまで、目安なので、あたりが悪く修理が多く発生するものは損になることもある。

  • 車にかかる費用
  • 車体本体
  • 修理費
  • タイヤ代(夏タイヤ/冬タイヤ)
  • 消耗品費
  • 諸経費・車検
  • 燃料/エネルギー代
  • 保険料
  • 駐車場代

カスタマイズ費用、カー用品費用等は考えない。

車の重量や排気量が大きくなると
様々な費用が高くなる。
税金、タイヤの値段が大きく響く。軽自動車は中くらいの車と比べるとかなり安い。
10年乗るとしたら夏タイヤで、2~3回・スタッドレスを買ったら・・・。

安くする方法

車体本体

壊れにくく、燃費の良い中古車
軽自動車

燃料/エネルギー

ガソリンがレギュラー、電気

ユニット

部品交換費用を含めて、トータルで、ハイブリッドが良いかガソリン車が良いか

車検

ユーザー車検、格安修理/車検工場に持ち込む

保険料

限定条件に合わせたり、リスク(車種の違いによるリスク:事故率が高い車種など)を低くおさえると安くなる

・対象とする車に乗る人の限定(家族限定・本人限定など)
・年齢の限定
・ゴールド免許
・車両保険
・距離の限定
・等級(1~20)

1日限定の保険があるので、併用するとステキに安くなる。

買い替え時期

社会や時代を相対的に見てコストが安く済むものを選択する

ガソリン代が車体本体や修理費・メンテナンス費用等を超えることはあまり考えない。つまり、燃費で今までよりは安く長く走れるようにはなるだろうが、あと2年・4年乗り続けた時に、車体本体や修理費分、燃費でもとは取れるということは少ない。
通勤に片道50kmとか言う場合は論外だが、片道20km程度なら車体本体・修理費を安く済ませたほうが賢い。

例えば、年間10000km走るとして、
今乗っている車の燃費が15km/Lで、仮に30km/Lに乗り換えるとする。

実燃費 15km/Lで、1kmあたり走行する費用は、リッター150円で計算すると10円。10000km×10で10万円。
10年で100万円。
実燃費 30km/Lで、1kmあたり走行する費用は、リッター150円で計算すると5円。10000km×5で5万円。
10年で50万円。

10年かけて、やっと50万円の差額となるが、車体を買い換えるほどのメリットがあるとはそうも思えない。(新しいに越したことはないとかは無しね(笑))
上記例を覆すケースは、ガソリン代が高騰する・技術革新と車体本体が大幅に下がらない限りは起きない。

現実的には同等の車に乗り換えると仮定すると、実燃費リッター5kmほど改善されるくらいが関の山かと思われる。
修理は運。壊れにくそうなもので、部品代が安い。よく売れている車。共有されている部品が多く、使い回しがききやすいものが最も安い。

軽自動車の価格はどんどん高くなっている。コンパクトカーより高くなるケースもザラ。しかし、それ以上に維持費が安いので売れる。
※ベーシックグレードなどであれば安価

飽きずに長く安く乗る

レジャー、趣味を兼ねた車ならば、少しいいものにして、通勤用・レジャー用に2代所有するのではなく、1台にする等。

ガソリン代を安く抑える

踏み方や余計な荷物を載せない

修理費がかからないようにする

壊れるような乱暴な運転・扱いをしない。こまめにオイルを交換する等

タイヤなどを工夫

燃費の良いタイヤやオールシーズンタイヤ、凍結する時は車に乗らない等

安く済ませるための車は決まったが、毎日乗るならば、
ある程度見た目、持っていて満足度が高いものにしたいところ。

ホイールはアルミかホイールキャップのついたものか、
乗用車か商用車
マニュアルかAT・CVTか等。

個性的な車・実用的な車に乗る

 

商用車でも、うまくカスタマイズしたものやカラフルなものかっこいいものも発売されている。
例としてはバモスホビオ、ハイゼット キャディー、アルト バン等。

ただ単に、通勤用に使うためということなら、安くて長持ちして燃費の良い軽自動車。または原付きやミニカー。

まとめ

車にかけるお金を節約するにはどこを我慢すれば良いのかというところ・絶対外したくないところを抑えて購入すること。なんとなく良さげで無計画に買わないことが吉。