• このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテルのオートメーション化

2010年

セミ決済。スタッフがチェックイン・チェックアウトを行うのが今までの話であるが、機械でチェックアウト可能になる。

2020年

チェックインもチェックアウトも機械で可能になる。変なホテルが2010年台に生まれたが、機械・AI相手に決済や手続きを行うことができる範囲が増える。
細かいトラブルについては人が見なければいけないが、ルーチンの部分は、利用者側も協力する・文化が普及することにより自然に時代に受け入れられるようになる。

2030年

2040年

2050年

コンビニのオートメーション化

2010年

自動決済システムが開発される。最も進んでいるものは、かごに入れたままで決済が可能。

2020年

自動決済システムが加速する。セルフレジはスーパーマーケットならば良いが、単にレジ通しを行うものではなく、かごをおいただけで、計算・決済が容易に行える仕組み必要。スーパーマーケットは待てる客が多いが、コンビニエンスストアは決済時間・待ち時間が短いのが売りの一つだからここが重要視される。

2030年

2040年

2050年

高速道路のオートメーション化

2010年

ETC2.0の開発が行われる。

2020年

決済がさらに容易になり、有人料金所が減っていく。ETCの普及とともに、ETC利用者の利用料金がさらに安くなる・特別なサービスを受けられる可能性がある。

2030年

このあたりからはETCを積んでいない車は規制され始めるのではないかと予想。

2040年

ETCを積んでいない車両は完全に乗り入れ禁止になる可能性が高い。

2050年

自動運転機能や特別な制御システムを持っていない、またはサービスを利用できない車両の乗り入れは完全に禁止され、人が運転することは制限されるところもあるかもしれない。

ETCの形式も、人認証・車両認証ができさえすれば、カードを刺したり有効期限がどうだとかそういったことに縛られなくなるのではないかと思う。自動運転の機能を搭載したコンピュータにそういった機能やデータ・情報が記憶される気がする。

コインランドリーのオートメーション化

一つの目的であれば、ほぼ完成に近い。

2010年

変化なし。クオリティが今までのものよりも高くなる。

2020年

2030年

2040年

2050年

お届けサービス。集配サービスが付くのではないかと思う。コインランドリーというお店の概念が変わる。ある意味なくなると考えられるし、他の機能を持つ特殊なお店という考えにも。