イオン・マックスバリュのセルフレジの使い方/スキャン、レジ通し・決済する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イオンのセルフレジは、他のアピタ・トライアル・オークワなどのセルフレジとデザインと違っているみたい。独自開発しているためなのか、全く違うためなのか、経緯が違うため異なる。動きは同じ。

マイバッグあり

  1. 商品を台に置く(セルフレジによっては左・右が逆になる)
  2. マイバッグをかける
  3. ディスプレイで袋掛けが終わったらボタンを押す
  4. 1商品ずつスキャンして、左から右ならば、右の台に置くかマイバッグに直接入れる(右から左なら、右の買い物かごから左の台かマイバッグ)
  5. スキャンが終わったらお会計ボタンを押す
  6. カードで支払う、現金で支払うかなどを選択する
  7. 現金を投入してくださいと言われたら、現金を入れる
  8. おつりの金額などを確認したら、精算ボタンを押す
  9. おつりが出て来る(なければ、レシートのみ)
  10. レシートが出る

以上、台に置いたものをかごか、ダンボールに詰めて、お店を後にする。

決済後

お弁当など、手で食べられないものは、忘れないようにもらっておくべき箸など。

箸などが必要なら、決済後に箸の置いてあるところから必要な分を持っていくか、店員さんに一声かける。必ず店員さんがセルフレジのチェックをしているので。

イオンの決済は全てそうだが、セルフレジも同じくクレジットカードの支払いはサインが必要。

動画

WAONカードでの支払い。

今後のスーパーマーケットの自動化の行方

自動化は進む。イオンにおいては銀行を展開したり、セフルレジの数を増やしたりと自動化が進んでいる。積極的か、というと最も速いスピードではなく、バランスを考えて展開しているように見受けられる。しかし、スーパーマーケットとしてのシェアが高い・サービスが多様なのでイオンは強い。

自動化とは違った便利さを求める人からすると、イオンは需要が高い。

今後セルフレジ・セルフ決済などが当たり前になる。

  • 自動決済の仕組み
  • 万引きの防止
  • サービスカウンターの仕事がロボットなどでも適切に処理できる

上記ポイントが解決すれば、自動化が進んで、未来のスーパーマーケットとなる。

さらに、自動化や情報化によって、家にある材料や欲しいものを行きたいスーパーマーケットと見比べて、適切な商品があるかないか、適切な商品を必要なカズだけ購入できるかをピックアップできる。取りに行くだけで、商品を準備しておいてもらえるなどのサービスが出てくるかもしれない。