アクセス数の稼げるステキなコンテンツ・ダメなコンテンツとは?

アクセス数をアップさせるために、より良いコンテンツを作らなければいけません。といっても、むずかしいもの。

とにかく、数だけ稼いでページを沢山作ってみたはいいものの、アクセスが伸びない。なぜ伸びないか?簡単に言うと需要がなかったから。

コンテンツを作成する上で先ずは、タイトルやテーマ選定をうまくしないといけない。タイトルがあやふやだったり、ライバルが多い、既出のネタだと需要は満たせない。供給過多になったり、品質不足となる。

需要の見込める、キャッチーなタイトルがしっかり決まれば、コンテンツの中身をしっかり考える。順番、読みやすさ、情報整理のしやすさや、流れ、順番、見ていて疲れないなど。

特徴や傾向

今までの経験で得た情報

  • タイトルの付け方がなんだかんだで大事らしい
  • 更新頻度が高いページは評価される
    • 徐々にコンテンツが追加され、項目が見直され、整理されたページは評価が高くなる
    • 放置されているページは、よほど需要がない限りは評価は変化しない。そのままとなるのでライバルページにやられる
  • 検索されるキーワードの入ったページがよさげ
  • ぱっとみてわかりやすい
  • 見出しや文章がまとまっている
  • 画像とテキストがバランス良く配置されている
    羅列のみの一覧ページはあまり評価されないらしい
  • 洗練されたリンク集は需要があることも

受けなかったコンテンツの一覧

  • まとめのセンスがない私がお届けする、まとめをより良くせるためのアイデア・チ
  • 国内生産または国内開発されているPC・端末・コンピュータ・デバイス
  • 三重県の南勢地方のお酒
  • 欲しい腕時計ブランド 写真 一覧
  • iTunesライブラリ.xmlファイルをHTMLのTableに検索置換する
  • ECサイトを作成・構築する時に組み込むパーツや機能
  • Webコンテンツ作成を勉強するためにまとめを利用する
  • HPサーバー トラブル解決法
  • 【ビール】秋の季節に合わせて発売される キリン秋味

なぜウケなかったのか?

  • 需要が少ない
  • 検索されるキーワードではない
  • 興味がない話題だった
コンテンツが増えていかないページ・更新頻度の少ないページだった。
ただ、更新頻度と範囲も多すぎるとダメみたいね。
3ヶ月に1度くらい、3年以内に10%~50%ほどのコンテンツの追加・編集を行う。3年位して、評価がよければ、1%~3%くらいでもいいので、さらに更新を続ける。
特に売れない・受けない商品など、廃れの激しいもの。(流行ったものがあればまだよいが・・・)