スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)のボンネットの開き方・固定方法

スバル・インプレッサ WRX STi(GH-GDB-E)のボンネットは、この頃に販売されたよくある日本車と同じく、ボンネットステーを使って固定します。

まずは、ボンネットのロックを解除して、開きます。

ボンネットのロックは、こんな感じになっています。エンブレムの上辺りにある、穴に指を指を伸ばし突っ込むと、レバーが隠れていますので、右から左に1cmほど動かします。

すると、ロックが外れて、蓋(ボンネット)が持ち上がるようになります。一人で、固定する時は両手を使う必要がありますので、ゆっくり落ち着いて、持ち上げていきます。

ボンネット半分くらいまでを持ち上げたまま、オレンジ色の樹脂のステーロックからステー(棒)を外して、立てていきます。ステーは左側に向いて立っていきます。写真に写っているステーの先を差し込む穴が、ボンネットの裏左側にありますので、そこに差し込みます。

ボンネットステーを穴に差し込んで、固定した状態。

ボンネットの固定部分をみるとこんな感じ。