少しずつ始める庭づくり・ガーデニング

garden

空いた土地を庭にする

空いた畑の端っこから、無理のない範囲で、少しずつ庭にしていく。空いた土地がない場合は、プランターやバスケットなどを利用する。

最初に購入するもの

自分の好みの植物を購入するのがいい。情報サイトや本などで庭のコンテンツが紹介されているものがあるので、それを参考にするのも良い。

追加していきたいもの

植物ばかりだとつまらないので、置物を置いてみる。置物があるだけで、飾りっけがあり、見栄えも賑やかになる。外に、看板や木、ベンチ、レンガなど。

よりよく庭をつくり上げるための工夫

プロの造園業者に頼むのが良いが、予算オーバーとなるのであれば自分で作るほかない。その際には庭の計画図を作るのが良い。ざっくりとでも良いので、何が必要なのか、どこに何を置いたらどういう庭になるのかを想像することができる。

最後に設置したい夢のアレ

時間をかけ、庭がうまく出来上がってきたのであれば、大きい物を飾りたい。

  • 噴水
  • ベンチ
  • ドーム
  • 小屋

こういったものというのは非常に高価で場所を取る。最後の夢として考えたい。
ガーデニングについてのコンテンツはこちら